不貞行為を明らかに、浮気・不倫調査【リッツ横浜探偵社】

暮らし、生活 By utakuta

離婚原因の上位に位置する理由は、浮気・不倫などの不貞行為によるものと言われ、浮気関係となる約8割のきっかけが、職場での出会いや飲み会となっています。

浮気・不倫は、自分の関与しないところから静かに進行していくのです。

とはいえ、闇雲に配偶者に問い詰めても信頼関係が破綻するだけですし、仮に不貞行為を行っているとすると、警戒して巧妙な嘘をつくなどし始め、余計に分からなくなってしまいます。

まずは、確証となる証拠を集め、自分がどの様な結果を得たいか確認してから、話し合いをすることが大切です。

【リッツ横浜探偵社】



リッツ横浜探偵社

リッツ横浜探偵社は、横浜市を拠点とする浮気専門の探偵社で弁護士からの依頼も数多くこなしており、全国でも珍しい男親が親権を取得することが出来た探偵社でもあります。

ベテランの調査員を保有し、弁護士からの依頼が多い

弁護士からの依頼が多いということは、弁護士からの評価が高いということになり、法律で争う裁判において、有効な資料を用意できるということを指しています。

そのことは、男親が親権取得している実績からも、うかがい知ることが出来ます。

通常、女親の方が親権を取得できるケースが多く、男親が親権を取得するには、浮気の証拠だけではなく、子供の養育状況や普段からの素行など様々な証拠を集める必要があります。

また、裁判の審議に耐えうる精度の証拠でなければならず、調査員は有効な証拠とはどのようなものであるか熟知していなければ集めることが出来ませんし、違法な手段・方法を用いた場合、証拠能力を失ってしまうため、そのことも知っておく必要があります。

浮気・不倫などの不貞行為の事実確認までの調査であれば、当事者が行うことは可能かもしれませんが、裁判等で有効になる証拠を集めたりなどは、専門の調査員を保有する、探偵社・興信所に依頼する方が確実ですし、安心できるでしょう。

問い合わせからの流れ

1.問い合わせ

電話やメールで無料相談を受けることが出来ます。

24時間受け付けており、浮気調査を検討中である旨を伝えられると、幾つかの質疑でヒアリングを行ってくれます。

2.実際に面談してのカウンセリング

さらに詳細な内容について話をされたい場合は、都合の良い日程と場所を決めて、実際にお会いしてのカウンセリングとなります。

後から追加請求がないように記述された、正式な見積もりを用意してくれますので、それを確認し、持ち帰って再度検討することが出来ます。

3.契約

見積もりの内容に納得できましたなら、契約となります。

契約はこの日に調査を実施するという内容ではなく、1~2ヶ月の間に数回の調査を実施するという、途中で日程の変更も可能な臨機応変な内容となりますので、この段階で日程が絞れていない場合でも大丈夫です。

4.調査

調査日が決まりましたら、本調査実施となります。

経験十年以上の調査員が言い逃れ出来ない証拠を押さえてくれます。

依頼者様は、できるだけ普段と同じようにパートナーに接していただき調査を悟られないようにして下さい。

1ヵ月尾行してもバレない技術とこだわりの機材を使い、3日分の調査が1日分になるほど、ぎりぎりまで踏み込み調査を行います。

5.結果報告

調査終了後、一週間程度で裁判にも使える詳細な報告書が出来ますので、再度お会いし報告を行います。

報告書作成費用等は一切かかりません

内容をよくご確認いただき納得していただけましたら、調査費用をお支払いいただき、報告書のお引渡しとなります。

6.アフターサポート

調査の結果から今後どうしたら良いのかをアドバイスします。

離婚を進める場合夫婦修復をする場合、すぐに行動を起こさず様子を見る場合など、調査後も証拠をどのように使えばいいのか、専門家の立場から親身になって目標達成までサポートします。

必要に応じて夫婦問題に強い弁護士さんも紹介することが可能です。

調査料金

調査料金は、時間単位で4種類に分かれており、お見積もりに記載された料金以外には一切かかりません。

3時間…39,800円

朝、出勤先を調べてほしい。家を出る時間はほぼ絞れている。

自宅と勤務先が近く、まっすぐ帰るとすぐに調査が終了してしまう。

5時間…58,000円

毎日帰宅が終電近くになる。

飲み会と言って相手と会っているようなので調べてほしい。

10時間…98,000円

休日、家を出てから帰宅まで1日見てほしい。

自営業のため、勤務時間中の行動も怪しい。

24時間…148,000円

泊りがけの旅行に行くようなのでその間の行動を見て欲しい。

週末相手宅に泊まっているようなので、証拠を押さえてほしい。

諸経費…10,000~20,000円程度

以上の調査料金の他に、諸経費(ガソリン代、交通費、飲食代、ラブホテル等の宿泊費など)がかかることがありますが、事前のカウンセリングにて確定し、以降の追加請求はありません。

【リッツ横浜探偵社】

実際の料金例

実際の料金例を引用します。

慰謝料差し押さえのために、浮気相手の勤務先を調査してほしい。家を出る時間はほぼわかっている。
3時間39,800円+経費10,000円→ 合計 49,800円

引用元:https://ritztantei.com/price.html

最近妻の様子がおかしい。妻が本当に会社に出勤しているかどうか調べてほしい。出勤しているようであれば、退社後の行動も見て欲しい。
3時間(朝)39,800円+5時間(夕方)58,000円+経費20,000円
→ 合計 117,800円

引用元:https://ritztantei.com/price.html

妻がちゃんと出勤していることはわかった。今晩は夜に飲み会があり遅くなると言っているので、退社後から帰宅まで見て欲しい。
5時間58,000円+経費20,000円→ 合計 78,000円

引用元:https://ritztantei.com/price.html

ゴルフが嘘で女性がいることもわかったので不安で仕方ない。今週末は会社の旅行で温泉に行くと言っているので調べてほしいが、時間がかなり長くなるため費用が気になる。
24時間148,000円+経費30,000円→ 合計 178,000円

引用元:https://ritztantei.com/price.html

妻のLINEを覗き見たところ、私が知らない男性と親しくしているようだ。出張で家を空ける3日間、どこで何をするのか妻の行動を見て欲しい。
10時間98,000円×3日+経費20,000円×3日
-1日分経費サービス→ 合計 334,000円

引用元:https://ritztantei.com/price.html

裁判で有効となる証拠

浮気相手とのメールやLINEのやりとり、2ショット写真などは、不貞行為の決定的な証拠にはなりません

裁判の際、「話していただけ」「冗談で言っただけ」など何とでも言い逃れ出来てしまうからです。

裁判で必要なのは「肉体関係(性行為を確認もしくは推認できること)が立証できる証拠」です。

例として以下のようなものが挙げられます。

ラブホテルに二人で出入りしている写真

車両内での性行為の写真

浮気相手と宿泊旅行の写真

浮気相手と同居・生活している写真

浮気相手の自宅に宿泊や複数回の出入りしている写真

不貞行為を証明する具体的な証拠品

写真・動画

証拠として最も有効なのが、写真やビデオ映像による証拠です。

パートナーが異性と何度もラブホテルに出入りする場面を鮮明にとらえた写真や映像は、「性行為を確認または推認できる証拠」として認められます。

ただし、二人きりで旅行していたなどの情報(二人で旅館に入る場面など)だけでは、性行為を立証するには不充分と判断されます。

また、デジタルカメラで撮影した写真は画像修正が容易なため証拠能力としては低いですが、ある程度の枚数を年月日と時刻入りで撮影し、写真に連続性があれば、証拠として認められる場合もあります。

裁判では動画は再生されないため、動画は写真にして提出する必要があります。

録音テープ

パートナーが不貞事実を認めるような発言アナログ方式のテープに録音したものは、証拠として認められます。

ただし、電話の通話を盗聴・録音したテープは、反社会的手段による人格権侵害として証拠能力は否定されるため、夫婦の会話であることが前提となります。

また、ICレコーダーなどのデジタル音声は編集ができますので、証拠として弱いと判断される可能性があります。

電子メールやLINEのやり取り

パートナーのメールやLINEなどのやりとりで、浮気が発覚する場合は多くありますが、画面を写真に撮っても不貞行為の証拠にはなりません。

性行為の存在が確実にあったと立証できるような内容でなければならず、内容自体誰にでも簡単に偽造できるため証拠能力としては弱く、単なる状況証拠とされてしまいます。

ただし、パートナーが不貞の事実を裁判の場で認めた場合は、LINEやメールでも証拠となります。その場合は、内容を書面におとして提出します。

裁判に挑む際には

裁判に挑む際には、証拠能力の高い証拠品が必要となっていきます。

パートナーと相手が判別できるほどの鮮明な写真は、高い技術や高性能な機材によって得られるものです。

当事者が単独で調査を行うことも可能ですが、万全を期すために調査力があり、「探偵業法」に基づいて合法に調査できる探偵社興信所に相談・依頼したほうが確実です。

テレビ出演多数!浮気調査なら【リッツ横浜探偵社


カテゴリー:暮らし、生活
タグ:探索、リサーチ、調べる

utakuta